昨日(7/31)に続き、本日(8/1)は第34回少年軟式野球世界大会の最終日です。午前9時からラインキングマッチが行われ、午前10時50分から、いよいよ決勝戦と三位決定戦が行われました。

対戦結果は「チャイニーズ・タイペイ」が4年ぶりに優勝しました。ジャパン代表の「全大阪」も健闘しましたが、一歩及ばず、準優勝となりました。

決勝戦トーナメント結果2016 チームの部

優 勝 : チャイニーズ・タイペイ(Chinese Taipei)

準優勝 : ジャパン① (全大阪)大阪

第3位 : オール江戸川 東京都

第4位 : ジャパン② (甲府南ベースボールクラブ)(山梨)

4位以下のランキングマッチ チームの部 は以下のように決定しました。

ranking-match-2016

個人の部 成績

最優秀選手賞 : 辛俊昇(HSIN CHUN-SJEMG)Chinese Taipei

優秀選手賞  : 林世豪(LIN SHIH-HAO)Chinese Taipei

優秀選手賞  : 加藤卓也(かとう たくや)Japan①全大阪

優秀選手賞  : 伊東剛基(いとう ごうき)オール江戸川

IBA20160801_511 IBA20160801_514

 

①13872775_623625574481737_4065065788102707669_n[1]②13920720_623625594481735_8586785339007772105_n[1]③13876125_623625657815062_2570795863133635852_n[1]④13882547_907456969358910_6758610622115406843_n②⑤13880412_623625767815051_8541486095343387760_n[1]⑥13876602_623626007815027_6200867380690681478_n[1]

IBA20160801_569 IBA20160801_561IBA20160801_551IBA20160801_522 IBA20160801_575

IBA20160801_178 IBA20160801_163 IBA20160801_149 IBA20160801_145 IBA20160801_143 IBA20160801_142 IBA20160801_134 IBA20160801_109 IBA20160801_108 IBA20160801_083 IBA20160801_074 IBA20160801_067 IBA20160801_061 IBA20160801_055 IBA20160801_052 IBA20160801_048 IBA20160801_036 IBA20160801_033 IBA20160801_022 IBA20160801_021 IBA20160801_019 IBA20160801_012 IBA20160801_007

 

準決勝対戦は、チャイニーズ・タイペイ(Chinese Taipei)とジャパン③(全大阪)が決勝進出に決定しました。

オール江戸川は4連覇を目指していましたが、惜しくもチャイニーズ・タイペイに敗れ3位決定戦に進みました。白熱する対戦に応援団も大変盛り上がっていました。チャイニーズ・タイペイは30回大会の優勝チームです。

対するジャパン①(全大阪)は、毎回優勝候補に挙がっているチームですが、久しぶりの決勝戦進出です。日本代表として頑張ってください。

決勝戦組合せ トーナメント

尚、4位以下のランキングマッチは本日(7/31)と明日(8/1)の二日間にわたり対戦があります。選手の皆さん、交流を楽しみながら対戦してください

Ranking Match 2016

選手の皆さん、明日も元気に球場で会いましょう!!

 

関東の梅雨も明け晴天の中、第34回少年軟式野球世界大会の初日リーグ戦が行われました。

A・B・C・Dの4ブロックに分かれ3チーム総当たりのリーグ戦は、上位2チームが決勝トーナメントに進みました。All Edogawa・Brazil・China・Chinese Taipei・Japan Girls・Japan①・Japan②・Japan③)

明日(7/31)は8チームによる決勝トーナメント戦が行われ準決勝まで決定します。

尚、初日リーグ戦を健闘した結果、決勝トーナメントに進めなかった4チーム(A~Dブロック)は、3位通過のチーム同士で新たにリーグ戦を行い順位決定をします。(Paraguay・Peru・Singapore・Australia)

初日リーグ戦の結果と決勝トーナメント進出チームは以下のように決定しました。

初日リーグ戦結果

31日・決勝トーナメント組合せ

The 34th Boys Nankyu Baseball World Championship will be held during July 29th ~ August 1st in Edogawa welcoming many U12 players from around the world.  The players from oversea will stay at Japanese home and enjoy the international exchange with Japanese players and families touching with Japanese culture.

世界の各地からu12の選手達が集まり「第34回少年軟式野球世界大会」が開催されます。海外チームは日本の家庭にホームステイしながら日本の文化に触れ国際交流をします。

今年の参加チームは、オーストラリア、ブラジル、チャイナ、チャイニーズタイペイ、パラグアイ、ペルー、シンガポールの海外から7チーム、日本からはJapan①、Japan②、Japan③(矢田部ジュニアスターズ)、オール江戸川、Japan girls(船橋女子選抜)の5チームです。

Japan①、Japan②は7/28(木)の全国ブロック大会において決定します。

Click below for the competition rules and the game schedule.

第34回世界大会要項(English)

試合日程7/30~8/1

リーグ戦及びトーナメント (2)

大会運営規程・会場図

平成28年度世界大会駐車場関連地図(Ver.2)

2016Participating Teams

Australia

①オーストラリア(650 x)

 

Brazil

②(ブラジル写真)(650 x)

 

China

③チャイナ-2(650 x)

 

Chinese Taipei

④チャイニーズタイペイ(650x)

 

Paraguay

⑤パラグアイ2(650 x)

 

Peru

⑥ペルー写真(650 x)

 

Singapore

⑦シンガポール(合成)(650 x)

 

All Edogawa

⑧ALL EDOGAWA(650 x)

 

Japan Girls (Funabashi Joshi Senbatsu)

⑨Japan Girls (Funabashi Joshi Senbatsu)(650 x)

 

Japan ③ (Yatabe Junior Stars)

⑩Japan ③ (Yatabe Junior Stars)(650 x)

Additionally two winners from All Japan tournament will participate as Japan ① and Japan ②.